ヨーロッパを拠点とするAPI製造会社

    API開発における革新を通じて
    長期的パートナーとして選ばれる企業

    API Polpharmaは、ヨーロッパを拠点に世界中の製薬企業に製品を提供する医薬品原薬(API)の製造会社です。6大陸における50カ国以上で事業を展開、マーケットシェアを獲得し続けています。拡大を続けるバランスの取れた製品ポートフォリオ、そして長年の経験によって培われた科学的ノウハウを通じて、医薬品開発者向けの魅力的なソリューションをご提供してます。

    Polpharmaは、垂直統合型のサービスを基盤としたワンストップ・ショッピング・ソリューションを提供。API(原薬)開発から、FDF(最終薬剤)製剤および製造、社内あるいは外部にてカスタム開発された技術に基づくスケールアップ、薬事規制関連のサポートに至るまで、多種多様なサービスをご提供しています。 全製品のDMF(ドラッグマスターファイル)は、EDQM (CEP)、ICH (eCTD フォーマットのASMF)、 PMDA (日本版DMF)およびFDA (アメリカ版DMF)それぞれの最新の要件に従い作成されています。 また当社製品は、お客様および関連保健機関の厳しい要件に従い製造されています:FDA、EMA、EDQM、 SKFDA、PMDA、 ANVISA、GIF (ポーランドにおける主要薬事監視局)。 FDAによる監査を定期的に受けることにより、アメリカ市場における多数のAPIの承認および販売を実現し、世界中のビジネスパートナーからの信頼を得ています。

    製造所はヨーロッパの中心に位置し、ポーランドのグダニスクとクディニアにある主要開港、およびグダニスク国際空港の近隣にあります。API Polpharmaは、優れた製品品質、顧客志向の方針、他社に負けない製造コストを備えた、信頼できるグローバル・パートナーです。

    弊社の価値観に伴う下記の点への関与:

    • 幅広い製品ライナップとパイプラインの提供
    • カスタム合成と非標準のお問い合わせやプロジェクトに対する個別的アプローチ
    • 画期的な完成した剤形に当社の医薬品原薬を利用するために革新的なソリューションの追求
    • お客様への最小限のリスクでプロセス開発の段階で適用される先駆的で非侵害のソリューション
    • 常にお客様の最善の利益への考慮
    • 優れた品質の製品とサービスの競争力がある価格の提供
    • 持続可能な開発、プロダクトスチュワードシップと効率的なサプライチェーンの促進
    • 医薬品開発のための魅力的なソリューションを提供できるように、科学と専門知識、最先端の技術及び最高の設計プロセスと実践に基づくこと

    他社との相違点

    製品の優れた品質、顧客中心のアプローチと競争力のある生産コストを提供しているAPI Polpharmaは信頼できるグローバルなパートナーです。

    • 研究開発から、GMP対応パイロットプラント、スケールアップ、そして製造までのプロセスにおける、全面的そして垂直的な統合。
    • 大学卒業者を中心とした高度な技術を有するスタッフ陣。
    • 競争力のある人件費や経済圏に位置する製造拠点。
    • FDA承認施設における幅広い反応クラス
    • 最先端の技術と最高の設計プロセスと実践
    • パイロットプラントを含む自らの研究開発資源および外部の学術研究機関や研究所との広範な連携

    KAIZENとは良い方向への変化ということ

    熟練した専門家から成る当社の顧客サービスチームは、お客様の事業がダイナミックな製薬業界において成長するよう努めています。
    当社の事業の中心にあるのはお客様です。
    したがって、常に最品質のサービスの提供を目指し、持続的な改善手法を採用しました。


    当社のサービスは、信頼性を確立し、または高め、長期的なビジネス関係の基盤となります。

     

    Worldwide presence

    • 60カ国以上への供給
    • 当社の主要目的地:欧州、アジア、北米
    • 当社は世界300の顧客にとって信頼できるパートナーです



    1
    北米
    2
    Latam
    3
    欧州
    4
    Mena
    5
    アジア
    6
    Australia

    沿革

    1935
     
    1935

    Polpharma設立。バイエル社の技術による製造を開始。

    1939-1945

    バイエル社により吸収合併される。

    1939-1945
     
    1949
     
    1949

    年第二次世界大戦後Polpharmaの再建。戦後の先発製品は、ガラス製アンプルに入った再蒸留水。

    1951

    年産業大臣によりStarogard Pharmaceutical Plant(スタルガルト製薬工場)が設立。サリチル酸塩およびスルホンアミドの製産がスタート。

    1951
     
    1959
     
    1959

    年Starogard Pharmaceutical Plantが製薬産業組合「Polfa」へ参加。名称がStarogard Pharmaceutical Works「Polfa」へと変更される。

    1995

    年 株式の100%を旧民営化省(現ポーランド国有財産賞)が所有するかたちで株式会社化。名称も旧名のPharmaceutical Works POLPHARMA S.A.に戻される。

    1995
     
    2000
     
    2000

     Spectra Holding社およびProkom Investments社(ポーランド資本)が会社株式の過半数を取得したことにより民間企業となる。

    2007

    年ロシアの大手ジェネリックメーカーAkrikhin社と戦略的提携を結ぶ。

    2007
     
    2010
     
    2010

    年 Bioton Poland社の抗生剤事業およびポーランド、ドゥフツェのセファロスポリン製造工場を取得。

    2011

    年Akrikhin社の主要株主となる。

    2011
     
    2011
     
    2011

    年カザフスタン製薬最大手Chimpharm社の主要株主となる。

    2012

    年 Polfa Warsaw社の主要株主となる

    2012
     

    所在地


    所在地 — スタロガルド・グダニスキ、ポーランド

    • グダニスク国際空港から50km
    • クディニア、グダニスクにあるポーランドの主要海港から70km
    • 主要路から11km




    Mapa

    敷地情報

    面積: 104ヘクタール(1,040,000㎡)

    • FDF(最終製剤)製造
    • API (医薬原体)製造
    • 品質管理施設
    • FDFおよびAPIの研究開発センター
    • 流通部門および倉庫
    • 管理事務所
    • インフラ設備

     

    API Polpharma
    API POLPHARMA